インターネットが世の中にどんどん普及していくにつれて、インターネット回線の選択は非常に重要になりました。動画の再生やゲームのラグを避けるために高速回線を使用することは、ストレスなく楽しむ為には必須と言っても過言ではありません。高速回線としてオススメなのが光回線です。様々なメリットがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

光回線で有名な言葉、フレッツ光と光コラボ

光回線を運営する会社のイメージ

最近フレッツ光と光コラボという言葉をよく耳にするかと思います。
この2つは光回線を契約するに当たって無視できない重要なキーポイントでもあります。

フレッツ光とはNTTが運営する光回線のインターネットのことです。
これまで光回線はこのNTTの光ファイバーを使ってフレッツ光が回線業者としてインターネットを提供していました。
そしてプロバイダと呼ばれる接続業者がフレッツ光の光回線と利用者を繋げてインターネットサービスを提供していました。
光回線業者はフレッツ光だけだったのです。

従来まではその方式だったのですが、そんなころ2015年2月に光コラボというサービスがスタートしました。
光コラボとはフレッツ光の光ファイバーをインターネットサービス事業者に提供し、フレッツ光以外のインターネットサービス事業者も光回線業者になれるようにしたものです。
これまでプロバイダのみのサービスを提供していた事業者が、光回線も運営することになりました。
光回線業者とプロバイダが一緒になり整理されてわかりやくなり、さらに自由化が進んだことで料金やキャンペーンなどでお得になりました。
また料金明細なども整理されてうれしいですね。

代表的な光コラボ事業者とソフトバンクやOCN光などがあります。
ソフトバンクなどの携帯電話回線キャリアだと、スマートフォンなどとインターネットのセット割のサービスを提供しており、それらをセットで契約することによってお得な利用もできます。

また光コラボの事業者はNTTの光ファイバーを使用しますので、新たに回線工事をしないで済むメリットがあります。
例えばこれまでフレッツ光を使っていた人がソフトバンク光に乗り換える場合、転用となり回線工事不要で工事費がほとんどかかりません。
フレッツ光の光ファイバー導入済みのマンションなどでも回線工事が必要ありません。

さらに最近ではNTT以外でも独自の光ファイバーを所有して、独自の光インターネットを提供する企業も現れました。
KDDIのauひかりや、NURO光などです。
それぞれ独自の光ファイバーを使って提供しますので、新たに回線工事が必要です。
これまでフレッツ光を使っていた人が、auひかりに乗り換える場合、光コラボと違うので新たにauひかりを繋げる工事が必要になります。
さらにauひかりからNURO光に乗り換える時も、また回線工事が必要です。

auひかりやNURO光は、光コラボの光回線よりも通信速度に優れると言われています。
というのも光コラボは結局1つの光ファイバーを使っていますので回線が混みやすく、時間帯や地域によって通信が遅くなったりします。
auひかりやNUROひかりではその心配が少ないです。

また電話回線も提供しているauでは、インターネットと電話回線を同時利用でお得なサービスなども行っています。