インターネットが世の中にどんどん普及していくにつれて、インターネット回線の選択は非常に重要になりました。動画の再生やゲームのラグを避けるために高速回線を使用することは、ストレスなく楽しむ為には必須と言っても過言ではありません。高速回線としてオススメなのが光回線です。様々なメリットがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

光回線のプロバイダはどう選ぶ?コツとツボ

光回線のプロバイダは、今やよりどりみどりと言える状態です。
NTTの光回線のプロバイダだけでも、500以上あると言われています。
その中から最もお得なところを選ぶためには、ある程度時間をかけて、じっくりと比較検討する必要があります。

まず、光回線業者とプロバイダを同じ企業にそろえたほうがいいかどうかという点になりますが、これは気にする必要はなさそうです。
どのプロバイダを選んだとしても、同じ光回線を使っているわけなので、通信環境は基本的に変わりません。
むしろ、光回線業者とは別の会社をプロバイダに選んだほうが、料金が安くなることも多いようです。

プロバイダの中には、携帯電話会社や電力会社もあります。
そのプロバイダの携帯電話や電気を使っていると、インターネット利用料金や携帯電話料金、電気料金が安くなることが多いようです。
例えばソフトバンクは、帯域制限がゆるいことで携帯電話が人気ですが、光回線のプロバイダ業者ともなっています。
携帯電話がソフトバンクであれば、プロバイダにソフトバンクを選択すると、利用料金が割引かれやすくなります。

料金面だけでなく、環境にやさしい取り組みをしている企業をプロバイダとして選択し、応援したいという利用者もいるでしょう。
そうした場合も、ソフトバンクが選択肢のひとつとなりそうです。
環境問題を考え、メガソーラー建設や携帯電話のリサイクルなどに力を入れている企業だからです。
こうした取り組みを応援するという観点から、プロバイダとして選択するということも考えられます。

現在はプロバイダとして多くの企業が参入し、競争が激化しているため、お得なキャンペーンが数多くおこなわれています。
携帯電話会社や電力会社が違っていても、相当な割引きを受けられるケースも多いです。
高額キャッシュバックや人気商品のプレゼントキャンペーンもずいぶんおこなわれています。
それらをインターネットなどで比較検討し、よりお得な条件で契約するという利用者も多いです。

中には、前の利用会社から請求される違約金などを肩代わりするというキャンペーンをおこなっているところもあります。
違約金があるために、なかなか乗り換えができないでいる利用者には朗報でしょう。
ただ、そのキャンペーンを利用した場合、次に乗り換えるときに、短期間の解約とされた場合は、肩代わりされた金額を返金しなければならないケースも多いため、注意が必要です。