インターネットが世の中にどんどん普及していくにつれて、インターネット回線の選択は非常に重要になりました。動画の再生やゲームのラグを避けるために高速回線を使用することは、ストレスなく楽しむ為には必須と言っても過言ではありません。高速回線としてオススメなのが光回線です。様々なメリットがあるので、ぜひ参考にしてみてください。

auひかりのような独自回線の業者もある

インターネットは、つい先頃までADSLが主流であり、ADSLでは電話回線を使っていましたから、回線というのはNTTだけが持っているものとイメージされがちです。
確かに、ADSLに使う固定電話回線を持っているのはNTTだけでした。

しかし、光インターネットで使う光回線は違います。
電話回線を敷設した時代には、敷設できるのはNTTの前身である旧電電公社一社に制限されていました。
光回線を引くのに制限はなく、敷設したい企業が引けるようになっています。
ただ、光回線を引くのには莫大な資金が必要であり、引ける企業は限られています。

光回線を独自に引いているのは、NTTやKDDI、ソネットおよびJCOMなどです。
全国に光回線を引いているのはNTTとなりますが、回線業者はもはやNTTだけではなくなっています。
都市部を中心に、複数の回線業者が光インターネット用の独自回線を敷設し、ユーザーはいろいろな選択肢を持つことができるようになりました。
KDDIが個別に引いた光回線を使った光インターネットサービスが、auひかりです。
auひかりの提供エリアはNTTほど広くはありませんが、20戸以上のマンションで使うタイプなら、全国の主要都市で利用できるようになっています。

NTT光とも言うべきNTTの光回線を使った光インターネットサービスは、フレッツ光という名称で、全国に展開しています。
auひかりの提供エリアとなっていない地域では、たいていフレッツ光一択となっており、競争がないために料金の高止まりが続きました。
料金が高いためもあって利用者が増えず、その状況を打開するために、光コラボという仕組みが導入されます。
NTTの光回線を他社が借用販売する光コラボには、ソフトバンクやNTTの子会社のドコモなどがプロバイダとして参入し、ソフトバンク光やドコモ光という名称の光インターネットサービスを提供し始めました。

ソフトバンクもドコモも、独自の光回線を持たないために、NTTの光回線を借用して光インターネットサービスに参入しています。
KDDIは独自回線を持っているため、auひかりの回線業者にもプロバイダにもなれます。
KDDIはプロバイダ業務の独占をおこなっていないため、他の企業もauひかりのプロバイダになれます。
ユーザーは回線業者とプロバイダに個別に申し込む必要はなく、たいていプロバイダとだけやり取りすれば事足りるようです。